HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

家庭菜園はエコにも良い

家庭菜園をする事で自然環境にも良い影響があります。庭や畑がある人は本格的に野菜を育てる事ができますが、そうでない人でもベランダや建物の屋上などで野菜を育てられます。屋上などで野菜を育てる事で夏の日差しを植物が遮ってくれる事により、エアコンの節約にもなり、空気の浄化にもなるので環境に優しいです。家庭菜園の肥料には普段の料理などから出る生ごみを堆肥にする事で肥料の節約やゴミを自然として再利用できるのでお勧めです。生ゴミは直接、植物の肥料にはできないですが、土と混ぜて数ヶ月発酵させる事で植物の根をいためる事のない良い肥料となるので、普段から家庭内の生ゴミなどを肥料とする習慣を身につけることで環境に優しい生活ができます。

応援企業

弁護士 能登豊和は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 弁護士 能登豊和
住所 千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル322号室
電話番号 03-3525-4203
WEBサイト 能登豊和弁護士の経歴
会社案内 受任事件の分野は絞られるが、日本全国、北海道から沖縄まで様々な地域の事件を受任している。 広島で経験を積んだ後、第一東京弁護士会に登録を替えると、南千住法律事務所を開設し、令和元年には豊和法律事務所に名称変更する。 迅速な事件処理により早期に問題が解決されたと感謝されることもあって、早期解決のために素早い対応をしてもらえる。 豊和法律事務所の所長を務めている能登豊和弁護士は、1973年12月5日に東京都荒川区で生まれ、同地で育ったO型の男性である。 中学校から大学院まで日大一筋で進学し、大学3年生から司法試験の受験に挑戦するも、13年連続で不合格となり、大学院で学び直す機会を得る。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。